tips

bodyクラスに投稿/カテゴリの所属スラッグをすべて付与する

bodyとpostクラスに所属カテゴリのスラッグを付与したい。

だいぶ前に「投稿が所属するカテゴリの先祖や子孫を取得するあれこれ。」という記事を書きましたがそこそこアクセスがあったので、実用レベルでよく使うアレンジも紹介しておきます。functions.phpに入れるだけで動きます。正確には、使用テーマのテンプレートでbody_classとpost_classを使用していれば動きます。

実際の出力例は以下のような感じです。

アーカイブページを表示中の場合

<body class=”archive category category-child category-99 logged-in admin-bar no-customize-support category-ancestor category-parent“>

投稿ページを表示中の場合

<body class=”single single-post postid-999 single-format-standard logged-in admin-bar no-customize-support category-child category-ancestor category-parent taxonomy-term“>

category-childが表示中のカテゴリだとすると、category-ancestor(先祖カテゴリ)やcategory-parent(親カテゴリ)も付与してくれるのがミソです。すべてのタクソノミに対応するようにしています。cssによるカスタマイズがしやすくなるのではないでしょうか。もちろんカスタムタクソノミにも対応です。

※ちなみに以下の関数はpage slugにも対応していますが、不要な場合は削除してください。すでに同じ機能の関数を設置している場合はそっちを削除するか、こっちに変更を加えてください。

CODE


/////////////////////// 投稿及びカテゴリページで所属カテゴリ・親カテゴリクラスを付与 ///////////////////////

function add_term_name_to_body_and_post_class( $classes ) {

if ( is_admin() ) return $classes; //管理画面を除く

if ( is_singular() ){ //シングル投稿タイプ

global $post;
$capability = get_post_type_object( $post->post_type )->capability_type;

if ( $capability == 'page' ){ // 固定ページ及びカスタム固定ページ // ページスラッグ付与が不要なら以下の分岐を削除

  $classes[] = $post->post_type.'-' . $post->post_name;
  if ($post->post_parent) $classes[] = $post->post_type.'-' . get_page_uri($post->post_parent) . '-child';

} elseif ( $capability == 'post' ){ // 投稿及びカスタム投稿タイプ

  $taxes = get_object_taxonomies( $post->post_type, 'names' );
  if ($taxes) : unset( $taxes['post_format'] );
  foreach ( $taxes as $taxname ) :
    $tax = get_taxonomy( $taxname );
    if ( !$tax || !$tax->hierarchical ) continue;
    $terms = get_the_terms( $post->ID, $taxname );
    if ( $terms ): foreach ( $terms as $term ) :
      $classes[] = $taxname. '-' .$term->slug;
      $parent = get_term_parent_slug_by_slug( $term->slug, $taxname );
      while( $parent ){ //loop
        $classes[] = $taxname. '-' .$parent;
        $parent = get_term_parent_slug_by_slug( $parent, $taxname );
      }
    endforeach; endif;
  endforeach; endif;

}

} elseif ( is_archive() ) {

  $term_slug = $taxname = '';
  if ( get_query_var( 'category_name' ) ){

    $term_slug = get_query_var( 'category_name' );
    $taxname = 'category';

  } elseif ( get_query_var( 'taxonomy' ) && get_query_var( 'term' ) ) {

    $term_slug = get_query_var( 'term' );
    $taxname = get_query_var( 'taxonomy' );

  }

  if ( $term_slug && $taxname ){

    $parent = get_term_parent_slug_by_slug( $term_slug, $taxname );
    while( $parent ){ //loop
    $classes[] = $taxname. '-' .$parent;
    $parent = get_term_parent_slug_by_slug( $parent, $taxname );
  }

}

}
return $classes;

}
add_filter( 'post_class', 'add_term_name_to_body_and_post_class' );
add_filter( 'body_class', 'add_term_name_to_body_and_post_class' );

 

Your Comment

コードの記述は<pre>または<code>タグで括って下さい。自動的にエスケープされます。

 

右の文字を入力して下さい captcha